TRUST CITY WITH TRUST, WITH EVERYONE

オーナーインタビュー

トラストシティは、共に人生を歩んでいく仲間のような存在。将来への不安が無くなりました

20代 公認会計士 女性

<Q>不動産投資を始めたきっかけを教えてください。

最初に始めた投資は株式だったのですが、長年続けていくものとしては少し不安がありました。自分自身で株価のチャート等を頻繁にチェックし、その都度判断し続けなければいけないからです。その一方で不動産投資は、物件を購入しシステムを最初に構築してしまえば、後はお任せ。手間がかからず、自動的にお金が生み出されることに魅力を感じました。

最初に不動産投資の話を聞いてから、実際の物件購入に至るまでの間、少しでも悩むことがあれば電話やメッセージアプリで気軽に相談することができました。小さなことにも真摯に対応してくれましたね。物件探しには半年間。一見良さそうな物件でも、「もっと良い物件が出そうだからもう少し待った方が良い」と正直に教えてくれるので、とても信頼できました。

「営業担当の方が納得できる物件しか紹介しない、というスタンスに誠意を感じました。」

「営業担当の方が納得できる物件しか紹介しない、というスタンスに誠意を感じました。」

 

<Q>実際に始めてみて、不動産投資への印象は変わりましたか?

不動産投資というと、ごく一部の高所得者や特殊な知識を持った人だけがするものかと難しく考えてしまっていました。しかし、実際に始めてみると思っていたよりも簡単。資金面も、営業の方に相談してみると良い方法を提案していただけたりしますし。

信頼できる営業の方に出会うことができれば、あとはスムーズ。私は他社も検討したのですが、私の人生にしっかり寄り添って考えてくれるのはトラストシティだけでした。とにかく契約をとりたいというような、浅い気持ちでは無かったですね。相手を喜ばせたい、さらには不動産を通して世の中を良くしていきたいという思いが伝わってきたのです。お金を預ける=人生を預けることなので、その辺りはシビアに比較しました。

 

担当営業は、井上社長。社長自らも担当を持ち、仕組みの説明から物件紹介までこなしているそう

担当営業は、井上社長。社長自らも担当を持ち、仕組みの説明から物件紹介までこなしているそう

 

<Q>オーナーになって、どんな変化がありましたか?

今は会社勤めで安定していても、退職金も多くはないですし、万が一の事故等で働けなくなったらどうしよう……と不安だったのですが、それが無くなりました。また、銀行口座に家賃収入が振り込まれているのを見ると嬉しいですし、オーナーになったんだ、という実感も持てますね。

 

<Q>今後のご予定を教えてください。

担当営業の方と一緒に長期プランを立てていくうちに、将来への不安がどんどん減っていったそう

担当営業の方と一緒に長期プランを立てていくうちに、将来への不安がどんどん減っていったそう

東京都の人口増加や再開発、低金利等、今は申し分ないタイミングです。良い物件が見つかればどんどん数を増やしていき、株式投資から不動産投資へ移行していきたいと考えています。最終的には、自分が労力をかけず、生活に必要な収入を安定して得られるところまで行けたらいいですね。そのゴールまでのロードマップは、相談するまでもなく営業担当の方が自ら提案してくれますし、私自身で描いていた漠然としたプランは、プロの目線から補ってくれます。とても頼りにしています。

オーナーインタビュー一覧へ戻る

不動産投資のお悩みは、お気軽にお問い合わせください